So-net無料ブログ作成

劇団からっかぜの芝居つくりで思うことⅥ [劇団からっかぜ]

実感を大切に目的要求行動 

「椅子座り」遊び。
座面の冷たい椅子を1つ真ん中に用意します。
椅子に座ってみます。座ったお尻に冷たさを感じますか?
人によってそれほど感じない人がいるかも、何人か座った後は暖かく感じることがあります。
順番に皆が座ります。次の人に座面の温度、実際に感じた冷たさを伝えます。

「窓の外」遊び
窓を閉めておきます。
一人づつ行います。
窓を開けて、テーマ「外の車の台数を数えて」、窓を閉めてから
次の人に台数を伝えます。「なっかた。」
その人に、テーマ「歩いている人は、」
窓を開けて、テーマ「歩いている人を数えて」、窓を閉めてから
次の人に3人いたよ。でテーマ「ユーモアのある」挑戦してもらう。
窓を開けて、テーマで確認して、窓を閉めてから
次の人にテーマに答えて、新たなテーマを伝える。

これを全員で行います。

振り演技ではない。実感を大切に、目的を持った行動を行うこと。

前へ 『劇団からっかぜの芝居つくりで思うこと Ⅴ』

次へ 『劇団からっかぜの芝居つくりで思うこと Ⅶ』


劇団からっかぜ
浜松市芸術祭演劇の60年史
ふじのくに芸術祭演劇コンクール
はままつ演劇フェスティバル
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。