So-net無料ブログ作成

第39回静岡県高等学校 演劇研究大会 11月22-23日 浜北文化センター大ホール [劇団からっかぜ]

11月23日第39回静岡県高等学校 演劇研究大会 浜北文化センター大ホール
見てきました。
09:30~10:30 浜松北高校 『鳥籠』作/演出: 土屋薫子 
  美麗:香奈が土足で心の中に入るのに対して
  空音オトネー:みなみは、寄り添うように心のこと線に触れる。
  心の中の叫びを吐き出したい要求が、「なぜ、そんな世界に住んでいる?」
  何の能力がないのに夢を追う自分が馬鹿。人の心の中は見えない。
  劣等感の塊でも、人の才能に惚れる。分からなくても素直にありがとう。
  高校生の心の内を垣間見る、感じることができる時間があった。。
  鳥籠からの出る話が、とりこになって鳥籠がきえる。普通なのにBigな話になった。

10:45~11:45 吉原工業高校 『超◯正義の人』作:大垣ヤスシ 演出:山本航
  高3生タケシ:山本、みんな卑怯者と暴れる。結果学校で反省文の課題、
  先生から泣きたいのは私だ。大人の悲喜劇も垣間見れる。
  私のことは私しかわからない。個人でしか解決できる道がない。
  バラバラにされている世の中が浮かび上がる。
  担任西川先生は、タケシに深呼吸後「まあいいか」の対処法を伝授。
  そこへ高2ミナミ:奈津美が、妊娠4か月で退学処分。
  ミナミは、自分の為に必死になるたけしの心に救われるが退学を決心する。
  ミナミから「まあいいか」を許せないタケシバンブーマンヒーロー見参が見物。

16:15~17:15 浜松開誠館高校 『漢検』 作:福岡大吾 演出:仲秋匠真
  「漢検」眠気を飛ばし楽しく見ました。展開が次から次へと目が離せれない。 
  ももえさんの告白ともいえる。「気づけよバカ」いいね最高。
  派手な大きなアクションに、小さな心が生きていた。
  女性陣・男性陣みなの奮闘が高校生の淡い気持ちから爆発するような情熱までいろんな形で
  楽しめました。ありがとうございました。
演劇県中大会

劇団からっかぜ
劇団からっかぜon Twitter
浜松市芸術祭演劇の60年史
ふじのくに芸術祭演劇コンクール
はままつ演劇・人形劇フェスティバル2015

劇団浪漫座 「浪漫座版 愛と誠」 を観劇しました。 [浜松市芸術祭]

11月15日(日)14:00~浜松市勤労会館Uホール、はままつ演劇・人形劇フェスティバル2015(第61回芸術祭) NPO法人シニア劇団浪漫座 「浪漫座版 愛と誠」脚本/演出:松尾文子 をも見てきました。開場1時間前に行き、チラシの折り込みを手伝いました。
終演後、「誠」さんとお話をしました。
誠

劇団からっかぜ
劇団からっかぜon Twitter
浜松市芸術祭演劇の60年史
ふじのくに芸術祭演劇コンクール
はままつ演劇・人形劇フェスティバル2015

浜松シティバレエ 第18回発表会「くるみ割り人形」 全幕~クリスマスの贈り物~ [劇団からっかぜ]

11月14日(土)15:30~アクトシティ浜松 大ホールでバレエ「くるみ割り人形」を見てきました。
プログラム1の「MATSURI」ブルーの衣装の踊りが、魅力的でした。7人が光っていました。
バレエというよりドラマを楽しみました。
プログラム2「くるみ割り人形」は、世界で一つだけのオリジナルを楽しみました。
小さな子たちリトルクラウンも、生きていました。物語をしっかり支えていました。創作作品を楽しみました。
くるみ割り人形
劇団からっかぜ
劇団からっかぜon Twitter
浜松市芸術祭演劇の60年史
ふじのくに芸術祭演劇コンクール
はままつ演劇・人形劇フェスティバル2015

「はままつ演劇オムニバス」と 劇団静芸『夜空の下に降る花は-シズオカ-』を観劇 [劇団からっかぜ]

11月8日赤電(遠州鉄道)340円浜北に、審査委員長の西川さんと一緒になる。
遠州鉄道赤電
13:00~浜北文化センター小ホール、「はままつ演劇オムニバス」
FOX WORKS「シンギュラリティ」・特濃ソース「マルンポート・ホイール」
Z・A『隻眼の紅蓮丸』幕間をお笑いコンビ「晩ごはん」さんが飾ってくれまいた。
-16:25まで見て、歩いて浜北駅、赤電で新浜松、ひかり474号(B14-5号車725-3305)に
満員で、デッキに立って静岡、小雨の中歩いて、静岡市民文化会館
18:00開演5分前に到着。 劇団静芸『夜空の下に降る花は-シズオカ-』
京野綾さん(2000年アンネの日記のマルゴット・フランク役)と観劇する。
一緒に静岡駅まで送ってくれる。
京野綾
8分遅れのひかり533号(C37-3号車726-536)で浜松に帰る。

午前中、老人保健施設「白梅ケアホーム」大家さんに土地賃借料おさめる。
一杯話を聞く。
直光大家さん


劇団からっかぜ
劇団からっかぜon Twitter
浜松市芸術祭演劇の60年史
ふじのくに芸術祭演劇コンクール
はままつ演劇・人形劇フェスティバル2015

劇団Tips秋季公演「君の色は」白組を観劇 [劇団からっかぜ]

11月7日(土)10:30~ 静岡大学工学部5号館23教室 劇団Tips秋季公演「君の色は」
静岡大学の学園祭で行われたものです。白組の作者:船川聖人 演出:南 潤平
私には、絵を描いている、じん(木村)の目が気に入った。
じんの絵を描く目

絵の先生に創意を全面否定され、落ち込んでいる、かおり(木所)
かおり(木所)が、じん(木村)の絵を描く姿を見て、再び絵筆を持つ。
じんと一緒に絵を描くかおり(木所)。
隣のかおりの絵を見るじん。じんの顔が穏やかになる。
かおりの絵を見入るじん
見守るそれぞれの友人(マイ:森本・田中:長久保)、かおりとじんを結び付けようと画策。
じんは、白黒だけ色が見えない視力の壁に絶望的である。
かおりは、絵の先生に全否定を受け将来の絵本を描く夢が砕かれる。
2人とも自分の絵を描く力が失せる。じんは、かおりに住む世界が違う。かおりから逃げ、自分からも逃げるじん。
かおりは、じんから自分の絵は自分しかかけない。誇りを持つことを勇気をもらう。
かおりの必死の働きかけ。じんは、一緒にいたい。もう逃げない。今なら描ける。と変化していく舞台に吸い込まれる。
私は、安易に異性に引かれて好きになり恋人になる、安易な恋愛物は苦手である。
今の醜いとまで言える世の中、生きて行くだけでも大変な世の中で、自分のやりたいこと、将来の夢、一生懸命生きて行く、それを支えるくれる友人、人生を人格を支えあう男女の心の成長が光っていて、すがすがしいお芝居でした。ありがとう。

帰りに大学祭のテントで売っている白玉団子を買いました。おいしかったです。
白玉団子のテント

劇団からっかぜ
劇団からっかぜon Twitter
浜松市芸術祭演劇の60年史
ふじのくに芸術祭演劇コンクール
はままつ演劇・人形劇フェスティバル2015

MUNA-POCET COFFEEHOUSE 18th produce「最近のSF」の観劇 [浜松市芸術祭]

11月1日(日)MUNA-POCET COFFEEHOUSE 18th produce「最近のSF」作/演出 永井宏明
クリエート浜松ホールで、開演14:00~のを観劇しました。
ロビーの写真展
ロビーの写真展

終演後役者さんたちに見送られて
見送りの役者

劇団からっかぜ
劇団からっかぜon Twitter
浜松市芸術祭演劇の60年史
ふじのくに芸術祭演劇コンクール
はままつ演劇・人形劇フェスティバル2015

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。