So-net無料ブログ作成

劇団からっかぜの芝居つくりで思うことⅤ [劇団からっかぜ]

おかれている状況・境遇(シチュエーション) で行動傾向(キャラ)がどのように変化するか?

◎「ついてこないで」遊び:役者についていない人も皆で遊。
 2人1組で前後に並ぶ。(2組以上あると面白い)
 前の人が無責任に歩きはじめる。後ろの人が前の人について歩く。
 前の人がとまって振り向いて「ついで来ないで」と後ろの人に言う。
 後ろの人が前の人に「ついて行きたい」と答える。(ぼう読みせりふで始める。)
 前の人が又歩きはじめる。付いてくる後ろの人を感じてたち止り。
 「ついで来ないで」と言う。後ろの人が「ついて行きたい」と答える。
 せりふは「ついで来ないで」と「ついて行きたい」だけで繰り返し続ける。

 ※1分たち、3分たつうちにエスカレートするのを楽しむ。
  5分程度で前後の人が入れ替わって遊ぶ。

無口なキャラの人がある局面で雄弁になる。(忖度で雄弁になる)
雄弁なキャラの人がある局面で無口になる。(好きな人の前でしゃべれなくなる)

きつい言い方の人とやさしい人を対立的に考えない。
怒る人を見てやさしくない人だと決め付けない。
キャラを決め付け演技しない。

状況が変わり、自分も変わり、相手も変化する。
相手の対応が変われば、自分も変わる。変化するものとして捕らえる。



劇団からっかぜ
浜松市芸術祭演劇の60年史
ふじのくに芸術祭演劇コンクール
はままつ演劇フェスティバル

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。