So-net無料ブログ作成

劇団からっかぜの芝居つくりで思うことⅣ [劇団からっかぜ]

今日10月28日(土)は、『蠅取り紙』~山田家の5人兄妹~ の本番です。
昨日27日リハーサルより
お兄ちゃんは今日こそ言うぞ

・劇団からっかぜの稽古のあり方について

〇役者のやる気をそがないダメだしに努力する。
〇精神論・根性論での一方的叱咤激励は、トラウマに注意する。
〇役者が自らの力を発揮できるような、アドバイスが良い。
〇ダメだダメだ・こう動け的アドバイスでは萎縮してしまう。
〇演技指導は、登場の目的、私は何物か問うと良い。本人の気づきを大切に。
〇役者自身が発見の多い稽古にすると良い。 

劇 団 か ら っ か ぜ   心 得
 
◎  芝居創りをみんなで楽しむ、自分の人生を豊かなものとしていく。
◎ 劇団員の一員として自から率先して信頼し合う関係を創る。
◎ 自分を責任ある主人公とし劇団の決め事に積極的にかかわる。
☆ 必ず欠席連絡を舞台監督に集中する
☆ 芝居つくりにおいては舞台監督に集中する。
☆ 稽古中においては演出に集中する。
☆ 出番のないときも集中する。
○ 団費を納める。(自主申告手取×1.5㌫+基本団費1500円)
○ 組織を分担し合う。荷を分かち合い。支えあう関係にする。

劇団からっかぜ
浜松市芸術祭演劇の60年史
ふじのくに芸術祭演劇コンクール
はままつ演劇フェスティバル
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。