So-net無料ブログ作成
検索選択

ナガサキ 8月9日11時2分 黙とう ひまわりの花65咲く [劇団からっかぜ]

1945年8月6日に広島市、3日後の8月9日には長崎市に原子爆弾が投下され、多くの人々が犠牲となりました。
8月9日は長崎原爆の日です。昭和20年(1945)、アメリカ軍は6日の広島に続いて長崎に第二の原爆を投下しました。午前11時2分のことです。
長崎の原爆はプルトニウム爆弾で、広島より強力、TNT火薬21000トン分の威力とされます。172230人が命を落としたとされます。長崎にしても広島にしても、役所の記録が失われた上に、朝鮮などから徴用されて働きに来ていた人の数や一時的に疎開してきていた人などの数は分からないものが多く、本当の被害者数というのは永遠に不明のまま。
長崎に原爆を落としたボックス・カー(B29)早朝テニアン島を出発し、第一目標の小倉上空が、天候不順で投下を断念、急遽第二目標の長崎に変更する、市の中心部には投下できず、少し北部の浦上地区、松山町上空9600mから投下。高度500mで炸裂した原爆はわずか0.2秒後には半径200mもの火球を作ります。この火球の表面温度は太陽の表面温度並の8000度にも達しました。
劇団からっかぜ2005年の「父と暮らせば」を思い起こす。2004年「闇に咲く花」の翌年。  黙とう
ひまわり65/199
ひまわり黙とう
ひまわり黙とう
今年は、「闇に咲く花」の再演。

劇団からっかぜ
劇団からっかぜon Twitter
浜松市芸術祭演劇の60年史
ふじのくに芸術祭演劇コンクール
はままつ演劇・人形劇フェスティバル




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。